深センバスPV充電ステーション監視システムケースシェアリング

2021-12-25 11:51:08

経歴

2017年以来、中国は徐々に新エネルギー自動車産業の急成長段階に入り、新エネルギー自動車の適用範囲は当初の88都市から全国に拡大しました。2017年、深センバスグループは364のバス路線を開設し、5,698台の純電気バスを増やし、世界最大の電気バス企業になりました。新エネルギー自動車の充電に対する急速な需要を満たすために、DC急速充電やPV蓄電充電の統合などの新技術が導入されています。

要件

深圳北部のPVステーションには34台の充電杭があり、総電力は6000KWを超えています。充電杭の電流、電圧、電力などの動作データをリアルタイムで収集するなど、PV充電システム全体の電力収集と現場機器の状態を監視する必要があります。

PV発電設備と充電スタンドは、通信にRS485シリアルインターフェースを使用します。リモート管理、データのアップロードとダウンロードを容易にするために、シリアルポート設備はインターネットに接続され、シリアルをTCP/IP通信モードに変換し、インターネットからクラウドデータセンターに収集されたデータを送信し、それを通じて大規模な充電スタンド設備の統合管理を実現します。端末の動作状況をリアルタイムで把握することで、運用コストが削減され、サービス品質とオペレーターの経済的利益が向上します。